1. HOME
  2. おしゃべりボタン

2018年12月01日

『2018年を振り返って』

 今年も残すところあと1月弱になりました。早いものですね〜。

  

 今年はおかげさまで、とても重要な仕事を任せて頂けたり、社外の女性リーダー創出研修メンバーに選抜され一年間の社外ネットワーク活動(コレも、非常にハードな活動)に業務として参加させて頂けたり、We’sでも11月度定例会実行委員を任せて頂けたり、来年のフォーラム事業第三部のチームリーダーを任せて頂けたり、知財関連の勉強会の実行委員を任されたり、本当に慌ただしい毎日を送っています(現在、進行形です(笑))。

あっという間に一週間が過ぎて、もう12月!?と言った感じです。


 毎日片付かない仕事を残したまま、アフター5から社外のネットワーク活動に参加し夜中まで打合せ(ここまでが会社の業務)、その一方でWe’sの定例会実行委員、弁理士の仲間内でやっている勉強会の企画・運営、勿論、日常の家事・育児、子供の習い事対応、、掛け持ちしすぎて何が何だか、片付かない仕事は増える一方、ただただスケジュールをこなすだけの毎日、体もフラフラでかつて無いストレスを抱えていました。


 そんな状況が数ヶ月続いたある日、抱えている仕事、こなすスケジュールの予定は増える一方なのに、ふとストレスが軽くなっていると感じるようになり、ストレスって慣れるんだな〜と実感した瞬間がありました。更に、日々こなしていくことで、ちょっと自信がついたかも。

忙しさも、体を壊さないほどほどに、来年フォーラムまで載りきって行きたいと思います。


→フォーラム来てね!!


運営委員 イワタ

posted by おしゃべりボタン at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月24日

We'sで出会えた人

Wesは、異業種の人たちが集っている会です。

仕事の上だけでは、出会う事は無いかもしれない方々と、一緒に時間を共有し、共に何かを作り上げたり経験したり、たまには同じ仕事人として悩みを話し合い学んだり、そして、仕事だけでは得られなかった何かを吸収し、自分の糧にできる場所。そんなところだと思っています。


先日、私が入会した頃からずっとお世話になってきて、今期も一緒に運営委員をしてきた、そんな大切な会員さんのお1人が、病の為に旅立たれました。


道半ばの旅立ちでした。

悔しかっただろうなと、思います。


「病を得た事でそれは逆に自分の糧になった、更に幅を広げられる!」と、とても前向きな発言をされていて!力強く思っていたところだったのに。


We’sでは、来年1月にフォーラムを企画していて、今はその準備の最中なのですが、その方のお仕事柄もあってお力を運営委員一同とても頼りにしていました。


異業種が集まる会の強みは、色々な得意分野を持った方が在籍しているという事だと思います。


再度倒れられてからは、いつ帰ってこられても大丈夫なように、回復を願いながら、フォーラムの準備に運営委員一同頑張っていました。

少し良くなってこられていると聞き、リハビリ病院に転院されたらお見舞いにも行けると希望を持った矢先、突然の訃報でした。


そのかた、木村潤子さん。

木村さん、お世話になりました。ありがとうございました。

一緒に、Wesの会員である時を過ごせた事、嬉しく思っています。

お疲れさまでした。

「また次の世界で、きっと木村さんを必要としているから呼ばれたんでしょうね!」って、話されているのを耳にしました。きっとそうですね!



このブログをご覧下さった皆様、

来年126日(土)「Wes FORUM 2019 Innovation concept ワタシの発想力が社会を変える」と題したフォーラムを行います、

(株)マザーハウスの代表取締役兼チーフデザイナー山口 絵理子氏と

関西学院大学経営戦略研究科 経営戦略専攻の大内章子准教授をお招きして、

当会会員がファシリテーターを務め会場の皆さまとの意見を繋ぎ進行する等、現在、内容の最終段階を詰めているところです。

会場は、大阪市北区の 大和ハウス大阪本社ビル 大会議室


詳しいご案内とご参加登録方法は、WEBにて11月初旬頃から発信いたします。皆さまどうぞお誘い合わせてご参加下さい。お待ちしております。


木村さん

宣伝しといた!



では、また どこかでお会いできるときまで

淺田祥香



続きを読む
posted by おしゃべりボタン at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月13日

喉元過ぎても熱さ忘れず…

今年は地震に台風と、ここ大阪もいつになく数々の災害に見舞われました。
被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

災害のニュースや警報を聞いても「ここは大丈夫」と高を括っていたものの、一連の災害でやっと他人事ではないと思えた大阪人も多いのではないかと思います。

何を隠そう、私もその一人です。

と言うのも、8月31日から台湾へ学会出張に出かけており、台風21号が直撃した9月4日午前中に帰国する予定でした。帰国してからすぐに診療をするつもりで4日の午後に予約をパンパンに入れていたのです。
それが当日の朝になって飛行機が台風接近によりキャンセルとなり、またその後の振替便も関西空港の浸水により飛ばず、結局翌日に成田経由で帰国しました。

大阪では台風が直撃する前日から警報が出され、JRなどの交通機関がストップすることなどがアナウンスされていたようですが、台湾で晴天の下、WiFiなしでのん気に過ごしていた私にはその情報が入って来ず、4日のアポをすべてキャンセルすることやスタッフの出退勤に関する指示を出すのが遅れ、患者さんやスタッフに多大な迷惑をかけてしまうという結果になりました。

今後も南海トラフや上町断層の地震などが危惧される中、スタッフ1人1人が自ら判断し、迅速に対応して安全を確保すること、さらには1日も早く日常の業務に戻ることができるよう、日頃から準備をしておく必要があると痛感しました。

これまでは「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で、非常時の備えらしいものをあまりしてきませんでしたが、今回ばかりはそれではいけないと身に沁みました。
そこで今さらではありますが、災害時における防災マニュアルと業務継続計画(Business Continuity Plan)を作成することにしました。
大企業や行政、病院などでは既にほとんど当たり前のように作成されているようですが、中小企業ではまだまだ作成されていないところが多いようですし、当院のような個人事業所となればさらに必要性が認識されにくいかもしれません。
しかし、スタッフの安全と機械や備品をはじめとする会社や事業所の資産を守ることは、災害による損害を最小限にし、速やかに業務を復旧することの第一歩となります。

このまま災害に遭わず、このマニュアルも使わずに済むのがいちばんですが、「もしも」「まさか」の時に備えて、作りこんでいきたいと思っています。

阿部 純子
posted by おしゃべりボタン at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月30日

くたばれ 「自信がない」病

日本人女性が、ついつい知らずにかかっている「自信がない」病。

女性だから、どうせ言ったって聞いてもらえない。それなら適当にすませよう・・・。
どんどん負のスパイラルに陥ってしまう人を、たくさん見てきました。
かくゆう私もその一人。


でも女性は率直に自信がないと言える力がある分、強いのではないでしょうか。

男だって「自信がない」のは同じ。
その弱さを気づかれないように、威張ったり、偉そうにする。まさしく虚栄そのもの。
その虚栄心から他者への敬意が失われ、無理やり服従させようとして、パワハラやセクハラが生まれる・・・。

その視点でみると、男性の方が女性より不自由でかわいそうなのかもしれない。


でも、男性・女性という性差を超えて、自然に生きている人達も たくさんいらっしゃいます。その人たちは、自分を信じて、自由で楽観的でポジィティブ。


その中の一人が、マザーハウスの「山口 絵理子」さん。
先日 山口さんのトークセッションに行ってきました。

その中で、私が感じた事は、彼女は人を尊敬し、強く堂々としている。
本当の自信があるから、他者に力を見せつけようとしないし、優しい。


「裸でも生きる」という彼女の著書があるけれど、私には「自然に生きる」のタイトルの方がしっくりくる。

不必要に委縮することなく、肩ひじはることなく、普通に自信をもって、前向きに。


くたばれ 私の「自信がない」病。


♪ 中浦妙子



posted by おしゃべりボタン at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月15日

ワタシの働き方改革 その後

8月の定例会では「ワタシの働き方改革」をテーマに定例会を担当させていただきました。

個人事業主や中小の企業にとってはなんとなく「他人事」感のある働き方改革ですが、個人事業主だからこそ、中小だからこそ機動的に早い対応で時代の波に乗れるのではないかとも思いました。
そもそも今回のテーマを選んだ理由はもちろんそれが今まさに旬だからというのもありますが、個人事業主として開業して4年、自分自身の働き方に疑問をもつようになったからもあります。

日々の業務と家事・育児に追われているうちに、自分がこの先どう働いていきたいのか、ふと見失っていることに気づきます。

学校に行ったはずの子どもが、道中で友達と喧嘩して行方不明になり、打ち合わせの時間が迫ることに焦りながら自転車で近所を走り回った日(笑)。

尼崎労働基準監督署の暗い照明の下で「お子さんが熱を出したのでお迎えに…」という学校からの電話で、そのあとの調整を考えて椅子から立ち上がれなくなった日。

「しゃろーしにはなりたくないわ。だってストレスたまりそうやもん」と子供に言われた日。

仕事も子育ても楽しいのですが、うまく回せていないと感じることはよくあります。
「でも仕事やねんからしゃーないやん」というのは簡単ですが、もっとうまくできる方法があるんじゃないか。
そのための自営業なんじゃないかと。そういうヒントを定例会ではたくさんいただきました。

意識して生産性をあげる。
そのための費用は惜しまない。
家事には時間をかけない。触れ合いには時間をかける。
隙間時間をうまく使う。
色々意識してやるようにしました。

そして小学生の子供たちに「お母さんこれから働き方改革するからな。あんたらも勉強改革しいや」と宣言。
だらだらの長時間勉強をやめて集中してやるように話しましたが、そっちの改革はまだあまり進んでいません。
さっきもこっそりYoutube見ながら宿題してました…

一進一退ですが、まず意識して行動することが大切。
より良い働き方へ変えていきたいと思います。

秦優
posted by おしゃべりボタン at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月07日

もう、台風は去ったぞ〜!


今週の火曜日 9月4日
超々大型 台風21号が関西地方を直撃しました。

ちょうど同時期に、私が経営する法人内でも1つ、
またプライベートでも事件が2つも起こり
恐怖や驚愕、焦燥、落胆・・・と
長く生きてきた中でも、なかなか、印象深い期間だったと思います。

台風が去って2日後、
街路樹はところどころ折れていて、
電線にはどこかの破れた広告旗が絡まったりもしてはいるものの
空はまっ青で、風は穏やかで
同時期に起こったいろいろな事件も
スッキリとは行かなくとも、それなりに山場を越えて収束に向かっています。

台風が来たぞ〜! 
でも
通り過ぎたら、また平穏なときが来る

台風が去ったぞ〜!

もう嘆く時間がもったいない、
今ある条件で、がんばるしかない!
むしろ心は前より成長したかもね

そんなことを思う今日この頃です。         大川 陽子




続きを読む
posted by おしゃべりボタン at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月21日

定例会の担当をやってみて得たものは

今年の3月、7月に定例会の担当をさせていただきました運営委員濱本です。

初めは、できれば担当になりたくないと思っていました。なぜなら、非常に上がり症ですし、また企画的なものに関して経験がなかったからです。

ですが、やらせていただいて思うことは、私にとって非常に得るものが多かったということでした。

例えば、
・空気感の作り方
上がり症とか言ってられません。参加いただいた方の2時間を無駄にしない為には、話しやすい空気感をつくること。そのためにはまずは自分のテンションを上げ、そして、参加者を巻き込む会話のキャッチボールを作ることが、話しやすい空気感に繋がる、ということでした。

・ゴール設定
今運営委員会の定例会は、セミナー形式ではなく、こちらから参加者に何かを提供するものではないので、参加者の皆さんに何を持って帰って貰うか、どこにゴールを置けばよいのか非常に悩みました。意識したのは、人は意見を交わすことが最も得ることが多いということを重視し、テーマに沿って、意見交換の時間を重視したプログラムの流れを作ることでした。

余談ですが、7月の定例会で、私の担当として「行動経済学」を取上げさせていただきました。

なぜ、行動経済学かというと、NHKのクローズアップ現代で分かりやすく紹介されていて、個人的に面白い!と思ったことと、もう一つ、ビジネスに活かされている分野だったからです。経営には、感覚8割、理論2割。この理論2割をうまく取り入れ、経営に活かして貰えれば、という思いから、行動経済学を取り上げさせていただきました。
posted by おしゃべりボタン at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月27日

自由と責任はワンセット

と、大学の教授が学生に注意していた言葉を今頃になってよく思い出します。


個人事業主になって自分のやりたいやり方で仕事ができるようになり、時間の使い方も自由になりました。ところが、自由にできる分責任も重くなったので、労働時間でみると努めていた頃よりはるかによく働いています。

やりたいことをやっている分しんどい気持ちはないのですが、ただいつまでもこんな働き方で身体大丈夫かな??とふと不安に思うことがあります。


それに、せっかく私のところを選んで働いてくれているスタッフには今後も長く続けてもらいたいので、育休や労働時間もそのライフサイクルに合わせてできるだけ柔軟な働き方ができる環境を整えてみたいと思う気持ちもあるのですが、と同時にその権利を獲得するためにはそれなりの成果やスキルが求められることを理解してもらえたらなとも考えます。日々模索中です…


次回8/28の定例会ではテーマを「ワタシの働き方改革〜自由な働き方とは〜」とし、起業家としての働き方についてみなさんで考え、話し合う場を設けます。

私自身とても興味のあるテーマなのでぜひ皆様の考え方やご意見をお聞きしたいです。

皆様にも、ご自身のため、またお雇いになられている従業員さんの今後のためにも何かヒントを得て帰っていただければと思います。


ぜひご参加お願いいたします!!


長谷川

posted by おしゃべりボタン at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月01日

子育てしているつもりが!?


働くお母さんが増えましたね。
同じように働くお母さんが立派に見える今日この頃。
思ったことを書きます。

子どもができるまで、私は人より
忍耐力があり、理性的だと思っていました。
自分で言うのも何ですが、穏やかな性格だったんです!?

でも、いざ子育てしてみると、こんなに自分は
忍耐力がない人間だったのかと愕然としました。
子どもはすごくかわいいのに、
言うことを聞かない子どもを前にすると
恥ずかしながら、怒りの感情が止まらず言い過ぎることもしばしば。
怒りすぎたと反省の日々。

アンガーマネジメント(怒りをコントロールして
適切に対処するためのスキル)を習得しようかと本気で思います。
幸い、家族に支えられ大事には至っていませんが。
子育てには、周囲のサポートが本当に大事ですね。

娘は4歳になり、身の回りのことも、
自分でできるようになってきました。
それに比べて、親の私は娘ほど成長できているのでしょうか!?
子育てしているつもりが
親が育ててもらっているとは、まさにこのことですね・・・。

人生でまだまだ経験していないことはたくさんあると
思いますが、私の人生では、出産が転機となりました。
自分の至らなさ、子供の幸せを願う気持ち、親への感謝など
たくさんのことを学びました。
まだまだ未熟です。今後も娘とともに成長したいと思います。

島尾
posted by おしゃべりボタン at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月13日

刺激 共有!

 今期のWe's事業コンセプトは「刺激 共有」です。
会員のみなさんの事業に生活に、良い刺激を与える事を目標に事業を計画していきます。第1回定例会は、「行動と動機」〜人が動くとき〜をテーマに、7月3日開催です。「行動経済学」と「行動デザイン」をベースに自分たちの仕事や生活に置き換えて活かせる方法を探ります。文字にすると固くて取っつきにくそうですが、結構身に覚えのある行動パターンが多いです。
例えば、何故、人は3択有ると真ん中を選ぶか?特に日本人は松竹梅の3択だと、真ん中の竹を選ぶ人が半数以上になるようです。じゃぁ、最初から真ん中に集中する事を前提にメニューや価格を考えればいいのですね。って、これはほんの一例ですが・・・何か面白そうです。

 仕事であれ、生活であれ、刺激は常に必要ですね。刺激は風を動かします。私も、常に新しい風を入れ空気が淀まないように気を配っています。目には見えない「気」と言うモノが様々なものを支配していると思います。空間も、人も「気」によって活性化し、良い方向へと導いてくれてると思います。活気を生むには常に刺激を受け、新鮮な風を取り込んで気を活性化する事が大切なのでしょう。

みなさんで刺激を共有し、活気の有る一年にしましょう!
posted by おしゃべりボタン at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記