1. HOME
  2. おしゃべりボタン

2018年01月29日

病児保育の講義を聴いて思い出した事

先日、機会があって病児保育を経営する方の講義を聴きました。

人が職業と子育てを両立させる時の
避けて通れない事柄の一つに、子どもの急な発病による看護者不足の問題があります。

病児保育の問題は
多くの働くお母さんが経験している苦労ごとです。

この問題は、本来は、個々の意識の改革や社会が制度として取組んでいかなければ
解決に至らない事柄ではあるのですが
働く側の工夫として、「起業」の選択肢も補完策の一つだと思っています。

私が夫の急逝で生活費を稼ぐ役割を一身に担ったのが、娘が小学2年のときでした。
シングルマザーの私には母も姉妹も無く、兄夫婦とも自宅まで距離があり
ご近所さんに伝染性の病児を預ってもらうのも気が引けるし
結局のところ、我が家には急な子どもの発病の看護をお願いできる環境がありませんでした。
そんな環境の悪さも、私が勤め人でなく自営を選択した大きな理由の一つだったと思います。

今年の成人式に、私の起業時に小2だった娘が成人式を迎えました。
「喉もと過ぎれば熱さ忘るる」とはよく言ったもので、辛かった思い出はうすい記憶になりましたが
思い返せば、娘も何度かインフルエンザで熱チンチンになったこともあり
けれども、自営という環境のおかげで、その都度、自らが娘の看護をすることができました。
学校行事への参加もソコソコ出来たと思っています。
当時のスタッフの協力にも感謝しています。

起業するということは、自己責任が重く、労働時間に対し収入が見合わない時もあります。
けれども、子育てと両立させる上で、時間を工面できる利点は大きかったと思っています。

平成18年開業 大川陽子
posted by おしゃべりボタン at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月14日

初志貫徹

今期、会計を務めさせて頂いています、会社の数字研究所 濱本瑞枝です。

私は、約20年中小企業の財務経理に従事してきました。
最後に勤めた会社が、金融機関から追加融資を止められる事態に陥り、何とかその状況を脱すべく、財務経理責任者として解決策を探り、自らも動いて状況の改善を図ってきました。
その経験から、会社の経営には「財務会計」の導入が不可欠だと感じ、
「より多くの中小企業に『財務会計』を導入してもらい、財務基盤の強い筋肉質の会社になってほしい。」という思いから、事業を立ち上げました。

と言っても、元サラリーマンで、起業するにあたり人脈も知識もありません。そこで、産創館の創業ゼミに参加したり、また人脈を広げ、必要な情報を得ようと経済団体にも所属し、色々な方からアドバイスを頂きました。

それが逆にマズかったようで、自分の中に固定観念が立ちはだかり、また、「事業の為に動くのか」、「やりたい事のために事業をするのか」その軸がブレてしまい、悩み、留まってしまいました。
ひとまず全てをリセットし、自分の中の固定観念を一切取り除き、私は「やりたい事のために事業をする」その初心に戻り、それを成すためにどうすればよいのか、ひたすら考えました。今年から、再始動です。

固定観念というものは、気づかないうちに自分の中に出来上がっています。
そこで、3月の定例会では、先輩会員の淺田さんと共に、「既成概念、固定観念を取り払おう・自分の可能性を広げよう」というテーマを取り上げて参ります。今まさにその壁にぶつかっている、もしくは、そこから突破した経験談など、共に語る場を持てればと考えています。是非、ご参加ください。

posted by おしゃべりボタン at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記